FC2ブログ
 
■プロフィール

  S A C H I M I N E

Author:  S A C H I M I N E
世界の庭を見渡して考えたい―ほんとうにいい庭ってどんな庭?お客さまのよりよい暮らしに貢献する庭づくりをめざして、日本とイタリアの長~い歴史と深~い文化と豊か~な自然をインスピレーションの泉とします!。。。でも現実は暑さ寒さ虫と戦う植木屋の毎日でございます― (っ^-^)っ゙
ホームページはこちら:www.sachimine.com

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
久しぶりにイタリアで日本の庭について教えることになりました。フランチェスコがモンツァの農業学校で日本庭園の本格的なコースを作りたい!ということで、私と、神奈川の庭師、星宏海さんと、3人でタッグを組むことに。

かつてイタリアにいたころは、頭でっかちで庭づくりの現場を知らないままトリノの大学などで教えていました。もちろんそれは理論中心でした。あれから長い時間が経ち、私も日本で庭の仕事に日々勤しむようになりました。

しかし、現場で働けば働くほど、自分の無知や技術の未熟さが切実に感じられ、はたして自分がイタリアでまた堂々と日本の庭について教えられるのか、本当に悩ましい限りです。

星さんのような立派な庭師さんとご一緒させていただくのもなんとも恐縮。。。

それでも、誘ってくれるフランチェスコの期待に応えられるように、自分が持っているなにかを、イタリア人のガーデナーさんたちと共有できれば、それはそれで意味があるのでしょう。

そして、なによりも大好きなイタリアにまた定期的に訪れることができるのは、うれしい!



スポンサーサイト
未分類 | 22:32:11 | Trackback(0) | Comments(0)
玄関脇の通り抜けの庭
神戸の住宅の玄関脇の植栽工事をしました。

玄関脇からお家の裏側に通じる通路の、前面道路に面した部分です。

ソヨゴ、サザンカ(裏庭から移植してきた)、金柑、ブルーベリーを織り交ぜて、通り抜けの庭としました。ただ、通り抜ける庭だけれど、よその人には簡単に通り抜けてほしくない、むしろそれを気持ち的にでも阻止したい、というような微妙な空間ではあります。ですので、スペースに対してはちょっと大ぶりの植栽を入れました。

植込みの縁どりは安山岩の栗石を用いて。いつものように、景色、景色、と意識して。

通路は砂利を入れず、真砂土を締めて。

s_2.jpg

s_1.jpg

s_3b.jpg




未分類 | 08:30:35 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad