■プロフィール

  S A C H I M I N E

Author:  S A C H I M I N E
世界の庭を見渡して考えたい―ほんとうにいい庭ってどんな庭?お客さまのよりよい暮らしに貢献する庭づくりをめざして、日本とイタリアの長~い歴史と深~い文化と豊か~な自然をインスピレーションの泉とします!。。。でも現実は暑さ寒さ虫と戦う植木屋の毎日でございます― (っ^-^)っ゙
ホームページはこちら:www.sachimine.com

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
公園のイタリアン・ヒューマニズム
午後4時半ごろのことだった。パンフィリ公園に散歩に出かけた。いつもの通り、半分は公園のランドスケープの視察に、もう半分は運動だ。春浅い午後の風がパンフィリ公園のゆったりとした草野を走り、肌にはまだ寒い。木々もやっと緑の芽を枝にちょこちょこと付け始めた程度である。

大池に到着した。この大池はひょうたん型をしている。ひょうたんの長い曲線の片方は樫(Leccio)や月桂樹(Lauro)を中心とした常緑の森が岸辺まで寄っている。ひょうたんの柄の部分からは人工の滝を経て水が注ぎ込む。ひょうたんの柄の向かい側にあたる部分では常緑の森から出てきた遊歩道が池に出会い、そのまま池に沿って曲線を描く。この部分にはベンチがいくつか置かれ、休憩する人々が向かい側の滝を遠目に、水面で遊ぶ鴨やアヒルやガチョウを見て寛ぐ。ひょうたんのもう一方の長い曲線部分は遊歩道が曲線に沿って走り、柄にあたるの部分の滝に通じている。土を打ち固めた遊歩道の幅は7mほどあり、自転車で走る人、ジョギングする人、二人で肩を並べて散歩する人々が余裕をもってすれ違うことができる。遊歩道の池側の脇には公園の森から伐採して拵えたと見られる自然枝を組んだ手摺が続いている。手摺越しになだらかに土の斜面が池の水面まで下っている。高低差はベンチが置かれている部分で30cm、滝に近い部分では3m以上はあろうか。池の水はいつも静かで、澄むとも濁るともなく、ただ自然に水を耐えている。

続きを読む >>
スポンサーサイト
公園 | 19:59:42 | Trackback(0) | Comments(0)
パンフィリ公園の素晴らしさ
ローマのパンフィリ公園が何故すばらしいのか、それを考えてみた。まず何よりもパンフィリ公園の中では物語が絶えず生まれているように私には見える。パンフィリ公園には何度訪れても飽きることがない。その秘密は何か?その秘密は大きく分けて次の三つにあると思う。第一の秘密は人にある。第二の秘密は公園のスケールにある。第三の秘密は内に秘められたランドスケープの多様性にある、と―。

第一の秘密。パンフィリ公園は一年中人に使われる。人影の絶えることが珍しい。夏の猛暑の昼下がりでも独りで木陰で瞑想にふける女がいる。大雨の中でも傘を共にして雨煙の景色を堪能する老いた二人組がいる。そういう極端な状況でさえ公園から完全に人が消えることはめずらしい。人あっての公園なのだ。

続きを読む >>
公園 | 18:51:20 | Trackback(1) | Comments(3)
パンフィリ公園の日曜日
長い雨が止み、今日は朝起きてみるとすでに太陽が前の家のオレンジ色の壁に反射して我が家のリビングを明るくしていた。よし、パンフィリ公園に行こう。娘と出かけた。車で15分。久しぶりの晴れ間を逃すものかと公園にやってきたローマ人で一杯だった。久しぶりの太陽は皆に歓迎されて大喜び。形を変え姿を変えて行き交う雲に邪魔しないでよと言わんばかりに公園の皆を照らそうと頑張ってくれていた。

続きを読む >>
公園 | 07:12:19 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad