FC2ブログ
 
■プロフィール

  S A C H I M I N E

Author:  S A C H I M I N E
世界の庭を見渡して考えたい―ほんとうにいい庭ってどんな庭?お客さまのよりよい暮らしに貢献する庭づくりをめざして、日本とイタリアの長~い歴史と深~い文化と豊か~な自然をインスピレーションの泉とします!。。。でも現実は暑さ寒さ虫と戦う植木屋の毎日でございます― (っ^-^)っ゙
ホームページはこちら:www.sachimine.com

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
今年もよろしくお願い申し上げます
新年 あけましておめでとうございます。 と申し上げても、すでに睦月の半分が過ぎている、という始末。。

おかげさまで昨年はとても充実した一年を送ることができました。今年も、より一層すてきな一年になるように、気持ちは引き締め、身体は緩めて、精進したいと思います。

そうです、身は緩めて、というのが今年のひとつのテーマであります!

毎朝のストレッチも、身を緩めることに気を集中させて、充実をはかりたいと思います。身軽に木登りをするには、身体の柔らかさが必要!キング・カズとか葛西選手は別格かもしれないけれど、歳をとっても、現役でいるためには、柔軟な身体が不可欠!であるのは間違いない。。。 → 我が兄貴、ストレッチマンにも訊いてみよう!かな

来年は平成という時代が終わるそうです。だから、というわけでもないのですが、昭和、という時代がどういう時代であったか、今年はもう一度自分のなかでおさらいをしておこうと思っています。そして昭和史というものに庭の発展の歴史を重ね合わせる。戦争と平和の歴史のなかで、庭というのはどんな価値を維持してきたのか。権力とかナショナリズムとかと庭は無縁ではなかった、いや、それらと非常に近い関係であったはずです(本ブログ2015年9月15日重森三玲『茶庭入門』でもそのトーンは分かります)。究極的には、世界の平和のために、庭というのがどう貢献できるのか、そんなことも模索していきたい、と思っています。心に庭がある、家に庭がある、美しい風景がある、ということが魂の安らぎとどう関わっているのか。それはイデオロギーの問題でもあるのか。

年頭に見た二つの大樹。大いなる気をもらいました。宝生院の真柏、そして誓願寺のソテツです。これらは人智を超えています。守り続けてきた地元の人々、お寺の関係者の方々の努力は如何ほどか~、ただただ感心。ひとりの植木屋なんてちっぽけなもの、そう思わざるを得ません。しかし、であるからこそ、ではなにができるか、それを考えねばなりません。

重ねて、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


20180106_112708_a.jpg
宝生院の真柏




cycas_revoluta_s.jpg
誓願寺のソテツ








スポンサーサイト
お知らせ | 15:56:29 | Trackback(0) | Comments(0)
本年もお世話になりました
今年も今日でおしまいです。

本年も多くの方々にお世話になりました。ご協力頂きましたすべての方々、ご指導ご支援くださったすべての方々に、こころよりお礼申し上げます。

今年は春からスウェーデンで庭づくりをする機会を頂き、学ぶこと感じること多大でした。海外で庭をつくることの醍醐味と難しさを両方感じました。

秋には恒例となったイタリアのモンツァ農業学校での授業。二週間にわたる講義は大変そのものでしたが、教えながら学ぶ、その通りだと思いました。

そして造園工事を通して、石を扱うことの面白さをさらに実感した次第です。

今年は、日本の庭というものに一貫して存在する美意識みたいなもの、それをこれからも探求し続けたい、と思う機会がたくさんありました。地形、石組、植栽。。。そういうものの兼ね合いのなかで、その一貫した美意識はなんなのか。幸い、このブログでも紹介しましたが、イタリア人の生徒さんとの交流ややり取りのなかで、それを探求していくためのすばらしいヒントのようなものが見つけられるというのも分かってきました。やはり、日本のことを知るには、日本を普遍化することも大事なのではないでしょうか。つまり、日本の美というようなものを世界に通じる美として位置づけること。海外で庭をつくることもその探求の一環です。

そして最後に、それぞれのそれぞれにすばらしい御庭の手入れに、この私を庭師としてご用命くださっているお客様各位に、本年のお礼を申し上げます。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。御庭がますますいい庭になりますよう、私も精進させていただきます。







お知らせ | 22:40:37 | Trackback(0) | Comments(0)
『山川草木』第二刷なるか。。。
もう10年も経ってしまったのか~、という感慨。

私がイタリア在住のころに、日本の庭についてイタリア語で書いた本、『山川草木』が出版されてから10年です。出版後すぐに売り切れてしまい、その後は、ほしいほしいという声は聞くものの、残念ながらもう書店にはございません、と言ってきたのです。

先日この本の編集者であり私の親友でもあるロレンツォ(このブログで何回も紹介してます!)からの連絡で、第二刷をするぞ、という知らせです。ほー、とびっくり。実は内容的な部分で、書き換えたいところはいろいろあるのですが、今日の私には、残念ながら坐ってじっくり著作活動に勤しむだけの余裕がないのです。

この本は、庭を作るうえでの自分のマニフェストだったと思えば納得できるのですが、やはり今読み返せば、机上の空論と思えてしまう部分があるのも否めない。だから、そのまま改訂しないで第二刷を出して、それをまた読んでいただくのはちょっと安らかな気はしないのです。

自分も庭を生業とする人間として、進化/深化していかなければならないから、10年前に書いた本を読んで、「あれ?」とか「今ならこうは書かないだろうなー」などということがでてきても、当たり前といえば当たり前かもしれませんね。10年前に書いた本を読み返して、「良く書けているなぁ」なんていっているようじゃ、自分が成長していないことになってしまいますもんね!!

いずれにしても、核心の部分はいまでも私の信ずるところと相違ないと思いますし、書き換えたいな、と思う部分はほんの一部ではあります。

さてさて、第二刷はいつ出るのでしょうか?

そして、ひそかに、また別の本を書いてみたいなぁ、という思いはあります。思いは。


お知らせ | 23:05:13 | Trackback(0) | Comments(0)
スウェーデンで日本の庭について講演予定
lecture_goteborgs.jpg

4月20日にスウェーデンのイェーテボリに向けて出発します。今回も「身ひとつ」の植木屋として。道具は鋏鋸などいつもの腰道具と石道具など少しはもっていきますが、ほとんどの道具は現地のものを使います。ただスコップひとつにしても、やっぱり日本のスコップ(特に剣スコ)は優秀で、バランスといい、使い勝手や使い道といい、すぐれもの。それを持っていけないのは、ちょっとさびしい。

現地では、すでにガーデナーの Heinz さんが材料集めに奔走してくれている様子。私は到着後すぐにガッツリ作業に突入するのだろうなー。まあそのほうが時差ボケに苦しむこともなくいいのです。

4月27日には、上のビラにあるとおり、日本の庭について現地の造園・建築関係者の倶楽部で講演することになりました。英語です。イタリアではさんざん日本の庭について話してきましたが、他の国では初めてです。だからちょっと緊張。どんな反応をしてくれるのでしょうか。どんなことに一番興味があるのでしょうか。私も興味津津です。

お知らせ | 21:55:58 | Trackback(0) | Comments(0)
あけましておめでとうございます
新年あけましておめでとうございます。

本年もこのブログを読んでくださるすべての皆さまのますますのご健勝とご多幸をこころから祈念します。

正月早々、イタリアからロレンツォとペトラが我々の新居を訪れてくれました。松山城跡がある城山に登ったあと、東吉野村のたかすみ温泉に浸かり、そしてうちでおせち料理をいっぺんにたいらげてくれた二人!近所の酒蔵さんのお酒もしっかり飲みほしてくれ、気持ちよく一晩寝てくれたあと、翌朝はお雑煮を満喫。そして一緒に京都の苔寺へ。黄金池の石組と夢窓国師の枯山水に感嘆。近くの茶屋でにしん蕎麦。。。

なんという充実した一年のスタート! 今年もありがとう、ロレンツォ!

そして、スウェーデンからはいい写真が送られてきました。私の作った枯山水に臨んで今回のジャパンフェスタの主催者、ダンサーのグンさんが踊っていらっしゃる写真です。イッセイ・ミヤケの黒いドレスを着て!トランペットのソロ(奥の舞台に見えます)との共演だったようです。

IMG_6502s.jpg


今年も皆様とのご縁を大切にしながら、自分がめざす美しい庭のかたちをひとつづつ実現していきたいと思います。

続けて、どうぞよろしくお願いいたします。


お知らせ | 22:41:07 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad