FC2ブログ
 
■プロフィール

  S A C H I M I N E

Author:  S A C H I M I N E
世界の庭を見渡して考えたい―ほんとうにいい庭ってどんな庭?お客さまのよりよい暮らしに貢献する庭づくりをめざして、日本とイタリアの長~い歴史と深~い文化と豊か~な自然をインスピレーションの泉とします!。。。でも現実は暑さ寒さ虫と戦う植木屋の毎日でございます― (っ^-^)っ゙
ホームページはこちら:www.sachimine.com

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
生き物をあつかう仕事
「生き物をあつかう仕事をされてるから・・・・」

こう言われることがなにかと多い植木屋の仕事です。 で?

だから、おたくは、

目が生き生きしてますね!
生かす、ということがわかってるでしょ?
育てるということをわかっているでしょ? 
世話をしなければ死んでしまう、ってお分かりでしょ?

という具合。そう言われるたびに、ドキッ。

本当にそうだろうか?
本当に生き物を扱っているという大前提を分かっているだろうか?
育てる、生かす、ということがどういうことか理解しているだろうか?

つい先日、私事ではあるのですが、そしてプライベートのことではあるのですが、娘が誕生しました。奈良県立医大病院のバースセンターというところで、(医者ではなく)助産師さんに取り上げてもらうという産み方で出産、それに私は立ち会うという経験をしました。最初は立ち会いということにかなり消極的、むしろ否定的でさえあった私でしたが、妻の希望もあり、承諾。そしてやってみると、非常にいい経験でした。なによりも、こういう時間を家族として共有できたのはすばらしいことでした。

そして良かった理由にもう一つありました。それは、助産師さんという仕事人の仕事ぶりを間近で拝見し、たいそう勉強になるというか、たいそう関心したことです。

助産師さんは、まさに生き物をあつかう仕事をされるんですね!

担当であった助産師さんは、経験豊富そうで、たいそう落ち着いていらっしゃいました。私もつい職業柄(笑・・・)、いざベビーを取り上げるまで、どう段取りをされるのか、どのように分娩室内を動かれて、道具や設備をどう準備されるのか、そんなことまで観察してしまいました。

かなりシステマティックに動かれます。道具の配置、清潔に保たなければならないものの配置や扱い方、汚れたものの扱い方、使う道具(たとえばガーゼ)の下準備の仕方、またそれを手元のどの位置に置いておくか、取り上げる役である自分の体勢と産む人の体勢との関係・・・・などなど。畳の上で産んだので、自然と助産師さんの体勢も低姿勢、それはまるで私たち植木屋が根巻きをするときのよう・・・。

さらに・・・苦しむ妻へ的確な励まし、気遣い、配慮をされていたのはもちろんのこと、妻本人の意思や望みまで尊重されていました。

母子共々の生命に対して、自分の役目をわきまえた、プロとしての、極めて冷静で落ち着いた対処とおもいやり。産まれるということを助ける役、そのプロ意識の高さと熟練さに、心底関心しました。

生き物をあつかう仕事。

植木屋の仕事はそこまで臨界(?)にたずさわるものではありませんが、同じく生き物をあつかう仕事をするものとして、このたびの助産師さんの姿はたいそう勉強になりました。我と我が仕事を顧みる貴重な機会になりました。

妻もがんばって無事産んでくれたし、娘も無事産まれてくれたし、自分も人間として感じること大だったし、仕事という面でも学ぶこと大だったし、すべて、めでたし、めでたし・・・・・

追伸。
ちなみに、去年、お仕事をご一緒させていただいた折に、大阪のウエダ庭苑の上田さんと、「生(活)かす剪定、殺す剪定」というようなことを話したことがありました。なにはともあれ、「生(活)かす剪定」をめざしたいものですね!これ、今年のキーワードです!

スポンサーサイト
植木屋のたわごと | 23:22:36 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad