FC2ブログ
 
■プロフィール

  S A C H I M I N E

Author:  S A C H I M I N E
世界の庭を見渡して考えたい―ほんとうにいい庭ってどんな庭?お客さまのよりよい暮らしに貢献する庭づくりをめざして、日本とイタリアの長~い歴史と深~い文化と豊か~な自然をインスピレーションの泉とします!。。。でも現実は暑さ寒さ虫と戦う植木屋の毎日でございます― (っ^-^)っ゙
ホームページはこちら:www.sachimine.com

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
庭の二種類、端的に
たまたま仕事場(奈良の庭)で出会って会話を交わした茅葺職人のおじいさん。話し始めて早々庭についていきなり的をついたコメントをしてこられた。あっぱれだ。

「庭には二種類あるように思えてしょうがないな。いかにも人間が手を加えて作りましたっちゅうしっかり植木の形をつくりこんだ庭、もうひとつは山からもってきた自然の木に人間がちょっと手を貸してやった、手助けしてやったっちゅう感じの庭や。この庭(会話中我々がいた庭)もそうやけど、おれはどうも後のほうの庭がええな。」

これは私の親方が常々剪定の仕方のちがいについて繰り返すことと同じことを実にすらっと言っている。両手鋏で刈り込んだ玉だらけの庭木がある庭。もういっぽうで、雑木林の一部を切り取ったようなさらさらとした姿の木々が植わる庭。いったいどちらがより「日本庭園」らしいのか。平安時代の庭の絵図をみると後者により近いようだ。逆に江戸時代から日本庭園の伝統として確立したのはむしろ前者のようだ。前者のタイプの庭が実は西洋の庭に影響を受けたものであるかもしれないとはよく聞く話である。その真相は如何?

庭で植物を建築的、彫刻的に使うというのは西洋では今でも主流である。山や野原の景色を切り取って庭に再現するというのは日本庭園の十八番であり、それを「人間がちょっと手助けしてやった」と言えるあたりになんとも日本の諸芸術の伝統を感じるのである。



スポンサーサイト


庭園 | 22:17:51 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
ご無沙汰しております。
ご無沙汰しております。神奈川県で庭師をしている星です。

イタリアから「山川草木」を送っていただいた喜びは今も覚えております。そして大事に拝見させていただいております。

日本に帰国されてからも、国内外への庭園管理・講演とお忙しく、ご活躍のことこちらのブログと、岩谷浩三様よりお聞きしております。

昨年の今頃に、北海道で開催された伝統庭園技塾に参加した折に、岩谷さんと再会をし、色々と増井さまのお話などをさせていただいておりました。妻の実家が片山津温泉から5分のところでしたので、是非イタリア人の方たちと私も参加したかったのですが、仕事の都合で許可をもらえず断念しました。

増井様とローマでお会いするしかないと思っていましたが、日本にお帰りになられているので、いつの日か本のお礼方々ご挨拶できればと思います。

これからも増井様のご活躍とご健勝をお祈りしています。

そしてこちらのブログも拝見させていただきたいと思います。



まずはご挨拶まで。

2009-10-23 金 20:51:46 | URL | 星 宏海 [編集]
おひさしぶりです!
星さん、コメントどうもありがとうございます。

こちらこそご無沙汰です。そうです、日本に帰ってきてまして、なんと日本庭園の現場で日々肉体労働中!です。

いつかお会いできるといいですね。
2009-10-27 火 22:46:41 | URL | paesaggista [編集]
こんばんは
ご無沙汰しております。日本での作庭現場での日々、お変わりなくご健康で過ごされておいででしょうか?も紅葉の季節に入り、私達庭師も忙しくなりました。今日は私の拙いブログの紹介をいたしたく書き込みいたしました。今年の3月より私もブログを立ち上げまして、毎日更新しております。なかなかお会いする機会がなく残念でありますが、ブログにて私の仕事風景などを見ていただけたらと思います。

これからもご自愛され、益々のご活躍をお祈りしております。

庭師銘:霧島宏海(Kokai Kirishima)

http://niwashido.jugem.jp/
2009-11-11 水 18:50:16 | URL | 星 宏海 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad