FC2ブログ
 
■プロフィール

  S A C H I M I N E

Author:  S A C H I M I N E
世界の庭を見渡して考えたい―ほんとうにいい庭ってどんな庭?お客さまのよりよい暮らしに貢献する庭づくりをめざして、日本とイタリアの長~い歴史と深~い文化と豊か~な自然をインスピレーションの泉とします!。。。でも現実は暑さ寒さ虫と戦う植木屋の毎日でございます― (っ^-^)っ゙
ホームページはこちら:www.sachimine.com

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
北村美術館 四君子苑
京都河原町今出川の北村美術館。茶道具の収蔵で有名であることはかねてから知っていましたが、なかなか遠い存在でした。秋の特別展示の期間が来たので、今回は雨のなかでしたが、足を運びました。

私が吉野に住んでいるという縁も感じて、です。創設者の北村謹次郎は、吉野で日本の山林王と言われたという北村又左衛門の次男。謹次郎は兄が経営する北村林業に勤め、茶人・数寄者としても名を馳せた人。

今回は特に、庭がどんな材料で、どんな感じで作られて、どんなふうに維持されているのか、興味がありました。

茶室に続く露地庭の飛石、沓脱石、そのほか石造物(灯篭、五輪塔、手水など)に目を奪われました。プロポーションの大らかさ、彫刻された動物や梵字や仏の姿がいまにも庭に出てきてしまいそうなほど生き生きとしています。北村謹次郎は石造物を全国の寺社仏閣で見つけて手に入れたらしいのですが、確かにこうやって庭で再び活かされるという方法があるのですね。しかもその多くが平安や鎌倉時代のもの。これらの石造物からは、物つくりが「デザイン」と言われる以前の「生命の生映し」みたいなものを感じます。

椋など樹齢が300年を超える大木がそびえる下に樹齢何十年かの木(カシ、カリン、松、シャラなど)が茂り、その下には椿、サザンカ、アオキやドウダンツツジなどがしっとりとして馴染んでいました。庭のスペースからみると少し木の量が多すぎるかなとも思いましたが。今年は剪定が間に合わなかったと案内されている方がおっしゃってましたから、そのせいもあるかもしれません。

庭の石造物の中に、私の出身地である倉吉の大日寺というお寺からもってこられたという平安時代製の五輪塔がありました。スタッフと思われる方を捕まえて「これはどういう縁で?」と訊いて、「というのは、私は倉吉出身でして、この寺も知ってましてね」というと、この方は、「あら、私は北条の出なんです」とおっしゃいます。隣の町のことです。なんという偶然。これもなにかのご縁なのでしょうか?

庭のあとは美術館で季節の茶道具を拝観しました。雨の日であったのが幸いして、落ち着いたすばらしい庭の景色と茶道具を合わせて堪能することができました。また行ってみたいと思います。

スポンサーサイト


庭園 | 21:56:56 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

北村美術館
京阪・出町柳駅から鴨川を超えたすぐの場所に、北村美術館があります。 茶道具を中心とした展示で、春と秋に開館します。 展示スペースの関係で、作品はそんなに多くありませんでした。 窓から見下ろしてるのは、四君子苑です。 茶室や石灯籠が見ものです。 春と秋のごく短い期間だけ、一般公開されます。 無料駐車場もありましたが、屋根があまり高くないのでミニバンだと入れないか... 2016-05-23 Mon 00:05:58 | ミュージアムに行きました。

FC2Ad