■プロフィール

  S A C H I M I N E

Author:  S A C H I M I N E
世界の庭を見渡して考えたい―ほんとうにいい庭ってどんな庭?お客さまのよりよい暮らしに貢献する庭づくりをめざして、日本とイタリアの長~い歴史と深~い文化と豊か~な自然をインスピレーションの泉とします!。。。でも現実は暑さ寒さ虫と戦う植木屋の毎日でございます― (っ^-^)っ゙
ホームページはこちら:www.sachimine.com

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
花を愛でるM様
昨年庭の改修工事をさせていただいたお客様M様に今日またお会いすることができました。M様のお宅には、ちょうど10日ほど前にツツジの花後の掃除とお礼肥の施しを兼ねて伺ったところでしたが、今日は別のある会合でお会いすることになりました。私が改修してさしあげたお庭を大変気に入ってくださって、とても嬉しそうに、会合の他の参加者に話してくださいました。
「いろんな花が次から次へと咲いてくれて、ほんとにたのしくてねぇ」
「この方ほんとうに丁寧に、きれいにしてくれてねぇ」
「あなたも庭あるんでしょう?あなたも頼みなさいよ!」
と、そんな調子で、大変ありがたい宣伝をして下さいました。
M様の庭には、確かにいろんな花や実のなる植物を植えました。(自分のためにがんばって漢字で書いてみると…)紅千鳥という梅、伊呂波紅葉、馬酔木、白山吹、吉野躑躅、山躑躅、沈丁花、小手鞠、牡丹、姫卯都木(ヒメウツギ)、灯台躑躅(ドウダンツツジ)、梔子(クチナシ)、金糸梅、下野(シモツケ)、紫式部、檀(マユミ)。もともとあった樹を移植したり手当したのが、金木犀、山茶花、紫陽花。このお庭は横に長いので、まさに花の絵巻物なのです。次から次へと花が展開する。
「この庭はもうあなたに任せるから。頼むよ。」
そう言っていただきました。
この上なく嬉しいおコトバ。身の引き締まるような重いおコトバ。
スポンサーサイト


庭づくり・庭作業 | 00:35:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad