■プロフィール

  S A C H I M I N E

Author:  S A C H I M I N E
世界の庭を見渡して考えたい―ほんとうにいい庭ってどんな庭?お客さまのよりよい暮らしに貢献する庭づくりをめざして、日本とイタリアの長~い歴史と深~い文化と豊か~な自然をインスピレーションの泉とします!。。。でも現実は暑さ寒さ虫と戦う植木屋の毎日でございます― (っ^-^)っ゙
ホームページはこちら:www.sachimine.com

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
薔薇のための花壇
桜井市のあるお客様のお家には、毎冬門被りの松の剪定に伺っていますが、庭の一番のみどころは、お客様ご自身でこまめにアレンジしておられる部分のお庭です。以前は大きな木が所狭しと植わっていたらしいのですが、それを明るくきれいにされ、主に花の咲く木を残しながら、足元には季節の花が次々に咲くように植えられています。お客様の庭への情熱、お花への情熱が伝わってきます。

そのなかに薔薇を植えられている一角があるのですが、それを縁取るのにとりあえずコンクリートブロックで囲っていらっしゃいました。それはあまりにももったいないので、私からの提案です。石で薔薇の花壇を作りませんか?

さてそれにもいろいろな方法、いろいろな石の選び方が可能ですが、今回は白に茶色のサビが入った川石で囲ってみることにしました。普通の和風の庭ではまず使われない部類の石です。ひとつひとつが派手なわけではないですが、まとめて使うとかなり派手。質感もなんだか筋肉質(!)で、やはりどちらかというと西洋風の庭に合いそうな石ではあります。(ダヴィデ像。。。を連想したりして)

しかし薔薇が相手です。そしてお客様が演出される百花繚乱の庭には、こんな縁石の石組みもありでしょうか、と考えました。
もちろん石は単に並べるのでなく、できるだけ深く据えて、あいばをとって、組んで、流れを作って、リズムを意識しながら、です。

時間がたてばもっと馴染んでくれることを期待して。


y_rosegarden3.jpg
作業中


y_rosegarden1.jpg
作業中


y_rosegarden2.jpg
できあがり。ちょっと白けた感じ。。。水打って写真とるべきでした!

スポンサーサイト


庭づくり・庭作業 | 06:13:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad