■プロフィール

  S A C H I M I N E

Author:  S A C H I M I N E
世界の庭を見渡して考えたい―ほんとうにいい庭ってどんな庭?お客さまのよりよい暮らしに貢献する庭づくりをめざして、日本とイタリアの長~い歴史と深~い文化と豊か~な自然をインスピレーションの泉とします!。。。でも現実は暑さ寒さ虫と戦う植木屋の毎日でございます― (っ^-^)っ゙
ホームページはこちら:www.sachimine.com

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
はや大晦日。。
10月、11月、12月と、方々のお客様のお庭の剪定でけたたましく動き回っているうちに、はや大晦日。

今年もたくさんの新しい出会い、仕事の発展がありました。「よいと思うことは即行動に!」というモットーを一年間続けて自分に言い聞かせられたのはなによりです。

ご縁、というものをますますひしひしと感じる年でした。昔結んだにもかかわらず最近疎かにしていた縁というものを、もう一度、自分にとって確実に大切なものとして認識しなおす、そのような年になりました。それは、例えば、東京や神戸で旧友のお庭の仕事をさせていただいたこと。上智大学の同窓会の関西支部である関西ソフィア会の仲間に入れていただいたこと。20年来の友人であるスウェーデン人のダンサー、カルメンが再び来日してくれて、一週間ほど、庭と踊りのさらなるコラボの可能性について模索できたこと、などです。

今年も前年に続いてたくさんの飛び込みの営業をしました。飛び込みであるにもかかわらず、私の人物と技術にまずは賭けて(!)くださり、大切なお庭に出入りすることをお許しくださり、私を信用して「お客様になってくださった」すべてのお客様に、こころからお礼申し上げます。このようなお客様がくださった信用と期待に真摯に応えていく ― それが、単純に今の私がやるべきことだと思っています。

今年も励まし、応援くださったすべての方々に感謝いたします。まだまだ未熟な植木屋ではありますが、努力を続けます!

そして、最後に、毎日現場で食べるための弁当を作ってくれた妻にこころから感謝。今年のグランプリは―

lunch_box1.jpg








スポンサーサイト


植木屋のたわごと | 23:09:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad